MENU

正しいドライヤの使い方が髪のトラブルを防ぐ

シャンプー

髪を洗った後にドライヤーを使って髪を乾かしますが、いつの間にか髪が傷んでいたり、髪が乾燥したような状態になっていることもあります。

 

ドライヤーは正しい使い方をすることで、髪をきれいにすることができます。

 

正しい使い方を覚えておくことで、髪を乾かしながら美しい状態にすることができるのです。

 

まず、正しい乾かし方は、タオルドライをしっかりと行ってから使うようにすることが大切です。

 

お風呂でシャンプーを終えて上がったら頭をさっと拭いて、すぐにドライヤーをかける、という人も多いといいますが、それでは髪が傷んでしまいます。

 

タオルドライでしっかりと水気を吸い取ってから、使うようにします。早く乾いてほしいからといって、熱風を同じ場所に当ててしまう人もいますが、それでは頭皮や毛根などにダメージを与えてしまうことがあります。

 

髪は全体的に乾かすことが大切です。

 

正しい乾かし方と思って、頭皮も髪も完全に乾燥させるという人もいますが、それだと髪が傷んでしまう原因になることがあります。

 

髪へのダメージを抑えるために重要なことがあります。それは、温度と髪の距離、そしてドライヤーをあてる時間です。

 

ドライヤーで髪を乾かす前に、髪を保護することができるトリートメントなどをつけておくといいです。

 

温度はあまり高くせず、風量を強くして乾かすようにします。

 

根元から先端までしっかりと乾かす、ということではなく、根元から途中まで、そして完全に乾かさずにある程度は自然乾燥をするつもりで水分が残っているような状態にしておきます。

 

ただし、濡れたままで自然乾燥をさせる、ということではなく、髪を乾かして少し水分が残っているという状態です。

 

自然乾燥だけでは髪が傷んでしまいます。乾燥してがさがさになってしまうこともあります。

 

必ず正しい方法で髪を乾かして、ケアをするようにしておくといいです。

 

正しい方法を知っておくことで、髪をきれいに保つことができます。