MENU

整髪料にはたくさんの化学物質が配合されています

シャンプー

ムース、ジェル、ワックスといった整髪料はヘアスタイルを整えるために日常的に利用されています。

 

抜け毛や薄毛が気になる人はヘアトラブルを避けるために整髪料を使わないほうがおすすめです。

 

質のよいワックスやムースは髪の毛や頭皮を刺激から保護することを目的としていますが、アトピーやフケ、かゆみを感じる人はダメージがひどくなる可能性もあります。

 

整髪料にはたくさんの化学物質が配合されていて、肌に刺激を与えてしまうからです。

 

頭皮に湿疹や炎症がある場合には、肌のバリア機能を破壊してしまう作用もあります。

 

頭皮に触れないようにしてつける、頭皮に刺激のない素材を使用している整髪料を選ぶことが重要になります。

 

固まって液ダレしないジェルタイプなら頭皮に直接つけずに髪の毛だけにちょこちょこと必要なだけつけることができますので便利です。

 

アトピーなどのヘアトラブルがある人でも使うことのできる整髪料はオーガニックのヘアワックスになります。

 

オーガニックヘアワックスは厳選したオイルを使用しており、シアバター、ミツロウなどの天然オイルが使われています。

 

皮膚の保湿剤として使用される原材料が入っているので肌や頭皮に直接つけてもトラブルの原因にならないのです。

 

シアバターは肌に直接つけてもべたつかず、さらっとしていますので髪の毛につけてもさらっとしています。

 

皮膚炎やかゆみやフケといった症状も整髪料が原因になっていることが多くあります。

 

毎日つけていると感覚が鈍感になっていきますのでケミカルな感覚がつかめにくくなりますが、頭皮や毛穴は絶えず刺激を受けていることになります。

 

ヘアトラブルのある人はまずは整髪料の種類をオーガニックに変更するか、つける量を少なめにして地肌や毛穴をふさがないようにして、帰宅したらすぐに洗髪することから始めてみることをおすすめします。

 

整髪料は消費期限がはっきりしておらず、いつまでも変色したりしないの長く使ってしまいがちですが、1年に1度は見直すことが大切です。