MENU

オーガニックシャンプーの特徴

フルーツ青汁

オーガニックとは有機栽培という意味があり、化学合成農薬や化学肥料を使わずに有機肥料などを用いて土壌の力を引き出して作物を育てる栽培方法です。オーガニックと認定されるには様々な条件が設けられています。その化学合成農薬や化学肥料を使わずに育てられた安全な植物を原料としているのがオーガニックシャンプーの特徴です。オーガニックシャンプーは、着色料や人工香料、界面活性剤といった化学的な成分を使わずに作られているうえ、原料となる植物を育てる段階から化学的な成分を使わず作られているシャンプーです。化学的な成分は極力避け、植物成分主体でいるシャンプーであるため、低刺激で髪や頭皮に優しく、肌が敏感な方でも安心して使うことができるようになっています。

オーガニックシャンプーを選ぶ上での注意点

シャンプー

オーガニックシャンプーを選ぶ上での注意点としては、中身が伴っているものかどうかを確認することがあげられます。

 

なぜなら日本ではオーガニック製品の定義がはっきりしていないからです。

 

そのため、オーガニックの成分が少しだけ入っているだけでもオーガニックシャンプーという表示ができてしまいます。シャンプーに使われている成分の全てがオーガニックのものでなくても、オーガニックシャンプーという表示ができてしまうという特徴があります。

 

日本でオーガニックシャンプーを選ぶときには全部の成分を確認し、自分の思っているようなオーガニックシャンプーであるかどうかを確認することが必要です。海外にはオーガニック認定の機関などがありますので、その認定などを参考にするとよいです。

オーガニックシャンプーとボタニカルシャンプーの違い

オーガニックシャンプーがオーガニック成分を使っているシャンプーであるという特徴を表すのに対し、ボタニカルシャンプーは植物由来の成分で作られているシャンプーであるということでしかないという点です。

 

ボタニカルシャンプーは植物由来の成分を使っていることは確かですが、その植物がオーガニックであるとは限りません。自然派のシャンプーであることには違いがありません。しかし、使われている植物由来の成分がオーガニックかどうかを明確にしているわけではありません。

 

そのため、単純に低刺激で髪や頭皮に優しいと判断することはできませんので注意しましょう。髪や頭皮に優しいシャンプーが欲しいのなら、全ての成分をチェックするほうが安心です。

オーガニックシャンプーはこんな人におすすめ

オーガニックシャンプーは原料となる植物を育てる段階から化学的な成分を使っていませんので、化学的な成分に敏感な方や肌があまり丈夫でない方におすすめのシャンプーです。

 

植物が持っている力を活かして作っているシャンプーですから、香りなども人工的な香りではなく、植物由来の自然な香りが使われています。人工的な香りがキライという方にも、オーガニックシャンプーはおすすめです。

 

また一般的な安価なシャンプーの場合、原料が石油系など地球環境によくない成分が使われている場合が多いです。そのため、地球環境が気になるという方にもおすすめのシャンプーとなっています。

 

赤ちゃんやペットのために安心して使える安全なシャンプーが欲しいという方にもオーガニックシャンプーはおすすめです。