MENU

合成シャンプーは一般的に合成界面活性剤が含まれているもの

シャンプー
男性に限らず、最近では多くの女性の中にも、薄毛や抜け毛といった髪に関するトラブルに悩んでいる人が増えてきています。そのような方であれば特に、自分が普段から使っているシャンプーには是非とも十分の注意を払いたいものです。実は、多くの市販のシャンプーの中には、大事な頭皮に悪い影響を与える成分が含まれていると言われています。その一つが、多くの人が危険性を十分承知していると言われる合成界面活性剤です。

 

実際に、テレビなどで宣伝されている市販の商品の多くに、この合成界面活性剤が配合されていると言われています。

 

一般に合成シャンプーとは、簡単に言えば、これら合成界面活性剤が含まれているもののことです。

 

この合成シャンプーとは、合成界面活性剤を20%〜40%ほど含む水溶液のことで、さらに酸化防止剤や着色料、また香料などが添加されて作られています。
そのため、この界面活性剤は頭皮にも毛髪にも大きなダメージを与えてしまう商品として注意が喚起されています。

 

実際、この成分が含まれている商品を使い続けていると、毛髪の大事なキューティクルを壊してぼろぼろにしてしまい、毛髪そのものを傷めてしまうことになりかねないと言われています。さらに、頭皮が荒れて炎症を起こしたり、フケがひどくなったり、または抜け毛がひどくなってしまうこともあると警告されています。

 

それで、頭皮や毛髪をより健康な状態に保ちたいのであれば、できるだけ合成界面活性剤が含まれていないものを選ぶことができるでしょう。

 

無添加の石鹸系のものを使うようにしつつ、洗髪の回数を減らし気味にするなら、大切な頭皮や毛髪を守ることができるでしょう。例えば、無添加の石鹸系のシャンプーは、水とカリ石鹸素地から作られており、当然香料も防腐剤も含まれていません。大切な頭皮と髪のために、合成界面活性剤を含むものから、無添加で石鹸系のものに切り替えてみることができるでしょう。

 

シャンプー選びの指標にしてください→詳しくはこちら